理事長挨拶

井上 孝

井上 孝
一般社団法人日本口腔検査学会理事長
東京歯科大学臨床検査病理学講座主任教授

 本年4月1日、日本口腔検査学会は一般社団法人として登記され、新たな歩を踏み出すことになりました。新法人として最初の総会が、奥羽大学高田 訓教授を大会長として開催されます。新法人としての、本学会の目的が達成される大会になることを期待してやみません。
 また、平成28年度日本歯科医学会のプロジェクト研究「臨床検査の応用」に、日本臨床口腔病理学会と日本臨床検査学会が共同で採択されました。検査が谷底に置かれてきた歯科界の長い歴史の中で、画期的なことだと思います。なぜなら、超高齢化が意味するところは、患者の自立度の低下、合併症や副作用を含む基礎疾患に罹患している頻度の上昇、加齢による口腔内の変化、歯を喪失するリスクの増加などに対応する必要性であり、臨床検査なくしては、良質な歯科医療の提供ができない時代になったと考えられるからです。今回の学会が、更なる学会の発展に繋がることを祈念しております。